店舗デザインの方向性を示す経営者のコンセプト

店舗デザインの方向性を示す経営者のコンセプト

店舗デザインは顧客と店舗がファーストコンタクトをする重要な要素で、ここでの印象がその後リピーターや常連になってもらえるのか否かに大きな影響を与えます。
そんな店舗デザインの方向性は、経営者のコンセプトをアピールできる座絶好のチャンスです。
ソリッド感のある近未来を感じさせる店舗デザインなら、時代の最先端を走り続けることをアピールし、流行に敏感で常に新しいものに触れていたい層の顧客を取り込むことができます。
一方、やわらかな色使いや木の温もりを感じさせる内装でリラックスできる空間を作り出し、誰もがくつろげるコンセプトの店舗デザインなら、子育て中のファミリー層やミドルエイジと言った層の顧客をターゲットに展開する方法もあります。
このような経営者のコンセプトが見えことで店舗の方向性が明らかとなり、一目見てあのサービスや商品を利用したいならあのお店と印象付けて、数多くの顧客を呼び寄せて繁盛する店舗を作り出すことが可能です。

店舗デザインを決めるためには経営理念が大切

店舗デザインを決定する上では経営理念も重要な要素です。
例えば衣服用店であっても、シンプルで落ち着いたお店やカラフルでにぎやかなお店まであります。
扱う商品が同じなのにデザインが異なるのはそれぞれコンセプトが異なっているからです。
経営理念ではどのような目的で経営しているのかといった経営の軸になるものを掲げているでしょう。
この理念に基づき、自店の強みや弱み周囲の環境などの要素からコンセプトが決定されます。
自店がどのようなお店でどのような人がターゲットなのかはっきりさせたら、次はデザインの決定です。
コンセプトを意識し、想定している顧客に訴求するための内容や外観、インテリアなどを決めていきます。
従業員を満足させることを理念に掲げている店舗もあるかもしれません。
店舗デザインは顧客だけでなく従業員の目線も重要です。
店舗に一番長くいるのは店員です。
デザインは働くモチベーションにもかかわってくるので店員の目線も意識するが必要です。

に関する情報サイト
店舗デザインのノウハウ

知っておきたい店舗デザインの初歩的なノウハウというものが存在します。ノウハウをきちんと把握したうえで、お客さんに心地よい空間を提供するための、内装イメージや設備を準備しておくと良いのです。一番大切なのは、お客様にどんな時間を提供するかであり、お店の空間によって左右されていきます。そんな店舗内装の改装の進め方のポイントを解説していきます。自分が目指しているお店作りによって変わってくるので、参考にしてもらえると幸いです。

Search