効果的な進め方を知りたい!店舗デザインの初歩的なノウハウを丁寧に解説

知っておきたい店舗デザインの初歩的なノウハウというものが存在します。
ノウハウをきちんと把握したうえで、お客さんに心地よい空間を提供するための、内装イメージや設備を準備しておくと良いのです。
一番大切なのは、お客様にどんな時間を提供するかであり、お店の空間によって左右されていきます。
そんな店舗内装の改装の進め方のポイントを解説していきます。
自分が目指しているお店作りによって変わってくるので、参考にしてもらえると幸いです。

効果的な進め方を知りたい!店舗デザインの初歩的なノウハウを丁寧に解説

店舗デザインの進め方は、例えば飲食店・美容エステなどで大幅に変わってくるのが特徴です。
お客さんとスタッフがそれぞれ店舗でどう動くかで、動きやすい店舗を作ることでも集客力が上がるといわれています。
店舗デザインでは、提供する料理を厨房から正面に見える位置に作ったりとこだわり抜いた清潔感がある内装を作るのも人気となっているのです。
自然に会話が生まれるようなオープンな店づくりも流行となっており、間取りや配置をきちんと考えておきたいものといえます。

店舗デザインの基本は来店しやすい雰囲気づくり

新しく出来たお店はなかなか、入店に勇気がいるものです。
店舗デザインによっては中が全く見えないお店もあります。
そのようなお店の場合は、開店してしばらくは店員さんが入り口辺りに居る事も重要です。
どんなものが、どのくらいの値段で販売されているのかが、分かるようにしておくことも集客のポイントです。
勇気を出して入店しても、自分には合わない値段設定だったという時もあります。
そんな時よかれと思い店員さんが横につき、説明されるのも少し負担になってしまいます。
基本、お客様から声をかけたときのみ説明をする程度の接客が適度だと言えます。
しかし来店しても、いらっしゃいませの一言もなければ2度と来ないと思ってしまいます。
店舗デザインには、こだわりがあり当然ですが集客が無ければ意味がありません。
こだわりの店舗の創りに圧倒されてしまわない様にしなければなりません。
地域に馴染み、あまり押しすぎないお店の雰囲気づくりが大切です。

空間に一貫性を持たせる店舗デザインとは

店舗デザインに一貫性を持たせるのに大切なのはまとまった空間です。
同じものを揃えなければならないというわけではありません。
素材やコンセプトに合うものが重要です。
忘れられがちなものは高さや、幅です。
素材が同じならばそろって見えるのは当然ですが、他との差を大きく分けるのが、視覚でる家具の配置です。
均一に並べられているよりも奥行きを広く見せる工夫などの人手間で大きく変わります。
店舗デザインを検討する上でまずコンセプトを決めそれに似合うものをリサーチしていきます。
ターゲットにする年齢層や店舗の種類などで雰囲気が変わるためです。
新しい店舗を作るというワクワクした感情だけでは集客はあまり望めません。
時代にあった、今求められているものを見極める事が集客に繋がります。
一貫性を出すもう1つのコツはあえて違うイメージのものを1つ取り入れることです。
違うものをとりきれることにより、その他のものが更に統一されて見えてきます。

店舗デザインでは看板やネオンの工夫も大事

店舗デザインといえば内装を頭に思い浮かべたり、実際に内装の色や設備について考えがちですが、どちらかといえば看板やネオンといった人目を引く部分も大事ではないでしょうか。
看板は主に日中の集客に必要不可欠なもので、離れた場所からの視認性だったり、近づいて見た時に得られる情報が重要なポイントとなります。
またお店の場所を示すサインにもなるので、ある程度目立って記憶に残る内容やデザインを考えることをおすすめします。
ネオンは言うまでもなく夜間の集客に繋がる要素で、お店の営業時間によっては重要性は低くなるものの、夕方以降も営業するつもりなら店舗デザインにおける重要度は上がりますし決して低くないです。
単純に派手なだけだと下品に見えてしまいますから、派手過ぎずかといって地味でもない、品の良さを感じさせるデザインのネオンを検討したいところです。
文字や色使い1つでお店の印象は大きく変わりますから、店舗デザインは奥が深いですし、だからこそじっくりと検討して後悔のない結論を導き出すことが重要となるのではないでしょうか。

移動しやすい通路も店舗デザインで設計

店舗デザインは雰囲気や印象に影響する内装、機能的な設備に気を取られてしまいがちですが、移動のしやすさも重要な要素となるのではないでしょうか。
移動しやすい通路も実は店舗デザインにおける大事なポイントで、いわゆる動線を考えて設計することが必要不可欠です。
見た目や雰囲気ばかりを考えて店舗デザインを行うと、この動線が疎かになって使い勝手が悪くなります。
例えばスムーズな移動が妨げられて通路が混雑したり、曲がり角で人と人が接触しやすくなるといった問題です。
しかし、快適に移動できるルートを念頭に設計することで、混雑が避けられたり接触による転倒や怪我を防ぐことができます。
動線を考える上でのポイントとなるのはルートと通りの幅、視界や視認性といった要素で、これらの組み合わせと検証が大事です。
考え抜かれている店舗デザインは洗練さを覚えさせますし、何より誰にとっても使いやすく快適ですから、お客さんだけでなく従業員にも使いやすいデザインを考えるべきではないでしょうか。

に関する情報サイト
店舗デザインのノウハウ

知っておきたい店舗デザインの初歩的なノウハウというものが存在します。ノウハウをきちんと把握したうえで、お客さんに心地よい空間を提供するための、内装イメージや設備を準備しておくと良いのです。一番大切なのは、お客様にどんな時間を提供するかであり、お店の空間によって左右されていきます。そんな店舗内装の改装の進め方のポイントを解説していきます。自分が目指しているお店作りによって変わってくるので、参考にしてもらえると幸いです。

Search